本文へスキップ

特定社会保険労務士とは

特定社会保険労務士とは

社労士とは

特定社会保険労務士とはHEADLINE

特定社会保険労務士とは


労働者と経営者間のトラブルを自分たちで解決できないとき、どうしますか。
裁判?泣き寝入りでしょうか?
裁判には長い時間と、多額のお金が必要です。お互いの心証を気にする方も多いでしょう。
しかし、泣き寝入りでは解決になりません。
そこで、裁判をせず「話し合い」によって、トラブルを解決しようという制度があります。

これがADR(裁判外紛争解決手続)と呼ばれる制度です。

特定社会保険労務士は、このADRのうち
個別労働関係紛争解決のお手伝いをすることができます。
一緒にトラブルの円満解決を目指しませんか。

特定社会保険労務士は、労働者と経営者が争いになったとき、次のADRにおける代理人として、裁判によらない円満解決を実現することができる社会保険労務士のことを指します。



「紛争解決手続代理業務」の内容・・・

● 個別労働関係紛争について厚生労働大臣が指定する団体が行う裁判外紛争解決手続の代理
  (紛争価額が60万円を超える事件は弁護士の共同受任が必要)
● 個別労働関係紛争解決促進法に基づき都道府県労働局が行うあっせんの手続の代理
● 男女雇用機会均等法、育児・介護休業法及びパートタイム労働法に基づき都道府県労働局が行う調停の手続の代理
● 個別労働関係紛争について都道府県労働委員会が行うあっせんの手続の代理

○ 上記代理業務には、依頼者の紛争の相手方との和解のための交渉及び和解契約の締結の代理を含む。


※(参考)社会保険労務士が、特定社会保険労務士になるには、『厚生労働大臣が定める研修を修了』し、『「紛争解決手続代理業務試験」に合格』した後に、その旨を連合会に備える社会保険労務士名簿に付記しなければなりません。



具体的には、ADRを行う機関として厚生労働大臣が指定する「社労士会労働紛争解決センター」などにおいて、「特定社会保険労務士」は経営者や労働者の皆さまの代理人として、個別労働関係紛争の円満な解決のお手伝いをすることができます。


ヒューマンアカデミーの社労士講座

社労士完全攻略コース 社労士【完全攻略】総合コース
価格: 185,000円(税込)
読みやすいテキストと、全62時間の講義DVD付き。これなら初心者でも安心!

社労士ダウンロード講座 社労士【完全攻略】総合ダウンロード通信コース
価格: 55,000円(税込)
講義(音声ダウンロード)がテキスト理解をサポート。試験合格のアウトプット学習も充実!

社労士を目指す

リンク情報

当サイトでは、相互リンクの募集を随時行っています。
お申込みいただける方はこちらからお申し込みください。

 相互リンク募集中⇒⇒⇒

LINK1    LINK2    LINK3    LINK4

LINK5    LINK6    LINK7    LINK8

社労士講座